転職時は、転職情報の収集・提案にとどまらず、職務経歴書のアドバイス、更には採用面接や入社時期の日程の調整まで、秘書顔負けのサービスを提供してくれる転職エージェントですが、転職の時だけの付き合いではもったいないです。
転職が成功しても、更なるキャリアップのためにも転職エージェントとは継続的に付き合うことをお勧めします。

スポンサー リンク

転職エージェントは長期的に付き合おう

転職時、特にコンサルティングファームへの転職をする場合における、転職エージェントの重要性はこれまでも何度も触れてきました。

コンサルティングファームの求人の背景を把握するためには必須ですし、それ以外でもいろいろな場面で力になってくれます。
このため、コンサルティングファームへ転職を考える場合(特に未経験者)は、転職エージェントの活用は必須であると、個人的には考えています。

ここでは、晴れて転職できた場合、または様々な理由で転職を中断、または中止した場合の転職エージェントとの接点について考えていきます。

まず私の考えですが、題名の通り、長期的に付き合おう、です。

理由は簡単で、付き合うことでメリットが多く、デメリットは見当たらないからです。

実際の例:私の場合

私自身、継続的にエージェントの方とお付き合いをさせていただいています。
実際に本格的な転職活動をしていなくても、転職エージェントのコンサルタントは時間を割いていろいろと相談にも乗ってくれますし、嫌な顔一つせずに情報を提供してくれます。

もちろん、現在私がフリーランスでプロジェクトに参加していること、当面は転職する意思はないことを伝えていますが、それでも、わざわざ時間を割いてくれます。
場合によっては、プロジェクトの近くまで足を運んでくれます。

これは、私が特別と言う訳ではなく、転職エージェントというビジネスモデルを考えると、人と人の繋がりがなくては成り立たない仕事であるからだと思います。

転職エージェント側の長期的に繋がるメリット

長期的に付き合うメリットですが、もちろん転職者側だけにメリットがあるのではなく、転職エージェント側にもメリットがあります。
わざわざここに書く必要もないと思いますが、転職を思い立ったときに、エージェントサービスを利用してもらう機会があるからです。

また、転職する気がなくても良い案件を紹介すれば、気持ちも変わることもあるかもしれません。特にフリーランスの立場は不安定なので、案件に飛びつくかもしれません。

このため、長期的に転職エージェントと付き合うことは、自分と転職エージェントともにWin-Winの関係だと私は思っています(私の勝手な解釈なのですが)。

転職エージェントとの長期的な付き合い方

たまに、転職エージェントと長期的な付き合い方が分からない、という方もいらっしゃいますが、難しく考えることはありません。
エージェントに登録していると、長期サポートメールで、「お変りはないですか?必要なら連絡をください。」のような旨のメールが来ますので、そこに返信をして、コンタクトをすると自然で良いと思います。

そこで、時間を調整して直接会って自分の現状、転職の意思、また、その業界の状況などの情報交換※をすることで縁が続くのだと思います。
※情報交換の意識は大切で、Give&Takeです。転職エージェント側もその業界の状況などを話してあげると、とても喜んでくれます(キャリアアドバイザーの引き出しが増えることになります)。

喜んでもらえるとうれしいので、こちらとしてもいろいろ話したくなります。もちろん守秘義務ありきですが。

場合によっては、エグゼクティブサーチ等で新規の求人で、求人内容と自分の経験が一致していると、前記の長期サポートとは別に個別でキャリアアドバイザーから直接メール連絡をもらえることもあります。
(例えば、総合コンサルティングファームの会計分野でマネージャ以上の経験、中規模の提案からプロジェクト管理、クローズの経験等に合致しているなど)

これは、キャリアアドバイザーがデータベースを検索して該当する人間を抽出するのですが、キャリアアドバイザーに自分の情報がインプットされていれば、連絡をもらえる可能性が高くなります。
また、非公開の案件も多く紹介してくれます。

コンサルティングファームの人間は転職することが多い(?)せいか、転職エージェントも積極的にコンタクトを取ってきてくれると思います。

このように、何度か会っているうちに、会うことが自然になってきますし、向こうも徐々にはとなると思いますが、こちらのことを認識してくれます。
また、距離感が分かってくると思います。

また、何度か会っていると時間も随分と経過してきます。場合によっては、転職意欲・機会が高まる場合もあると思います※。
そんな時は、こちらからコンタクトして、気軽に求人のピックアップをお願いすることができます。

そして、日ごろからこちらの希望を伝えていれば、精度の高い求人の提案を期待することができます。

※転職を経験したことがある方やエージェントに登録して真剣に転職を検討したことがある方は、現状にある程度満足していたとしても、数年のスパンで転職について真剣に考えることがあると思います 。

自身のキャリアについて、真剣に考え、現状だけでなく、5年後、10年後について、しっかりと考えることはとても大切です 。
また、転職エージェントと定期的に会い、このことを考えることはタイミングとしては良い機会だと思います。

最後に

以上のように、転職エージェントと継続してコネクションを持つことは、自身のキャリアにっとってもとても有意義です。

転職をする、しない、直近で転職予定があるに、ないに関わらず転職エージェントに登録して転職活動を行ったならば、是非、継続してコネクションを持ってください。

まとめると、転職エージェントと連絡を取ることのメリットは

  • 情報交換をすることで、希望する転職マーケットの情報を入手することができる
  • 何度も会って話すことで、こちらの希望の理解を深めてもらい転職時に精度の高い求人紹介を期待できる
  • 転職エージェントにタイミングで、自身の長期的なキャリアにつて考える良い機会なる
  • 場合によっては、特別な求人情報を紹介してくれることがある
    (登録者が対象になりますが、選定はキャリアアドバイザーがするため、コネクションを取っていると、もらえ易くなると思います)

です。

是非とも、転職エージェントと継続的な関係を構築してください。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク