私はこれまで数度の転職をしていますが、何れの場合も転職エージェントを活用しています。
更に、活動を途中で中断していることもあるため、実際は転職の回数以上に転職エージェントは利用しています。

私自身は、そんな状況であるため転職エージェントを活用しないで転職活動を進めるということが、全く想像できないといっても過言ではありません。
巷にあふれる中途採用の求人の中から、どのように自分の希望に沿った情報を収集するのか、興味を持った求人に疑問が出た場合に問い合わせて良いものか、その求人の背景はどのようなものなのか、ファームや応募する部門は今後どのような成長戦略を描いているのか、希望求人の応募状況や内定者がどの程度でているのか、等です。

もちろんHP等で集まる情報もありますが、上記のようにエージェントを通さなければ得られない情報も多数あります。
加えて、転職の活動を進める中で、複数の企業に応募したことで面接の日程が重なり調整が煩雑になる、内定を辞退する、年収やポジションの交渉、入社日程の調整等、転職エージェントを通して行えばスマートに行えることも、自分で行おうとすると非効率で気が遠くなることばかりです。

多くの場合、転職活動をする際は会社に在籍したまま行うことが多いと思います。また、会社に転職活動をすることを宣言してからするケースは稀です。
このため、転職活動を始める前と同様の仕事のペースや残業をこなしつつ、転職活動をしなければならない場合が多くなります。そんな状況の中で転職と言う一大イベントを進めるには、個人的には転職エージェントの活用は必須だと思います。

特に初めての転職の方、コンサルティングファームを目指す方でコンサルティング業界が未経験の方については、転職エージェントの活用を強く勧めます。
まず、初めての転職の方は、転職を進める方法、面接や職務経歴書の書き方等、転職全般についてのアドバイスを受けることができます。
また、コンサルティングファームの未経験の方は、コンサルタント以外での職務経歴のなかでコンサルティングファームに刺さる経験を指摘してくれたり、今後の方向性なども相談にのってもらえるからです。  

 

私は総合系のコンサルティングファームにマネージャとして所属していたことがあり、中途採用の面接官を経験していたことがあります。
面接管として面接を行った数も同僚のマネージャに比べても多かったです。その時の経験では、コンサルティングファームの中途採用の現場は、殆どの方が転職エージェント経由の応募でした。
これはコンサルティングファームの求人の募集期間が比較的短いものが多いのと関係しているかもしれません。情報収集の面で転職エージェントを利用しない場合は、利用する場合と比較すると、どうしても遅れが出てしまいます。  

 

ここでは、自分が転職した経験および面接官として採用する側の経験から、なぜ転職エージェントの利用が必須だと思うのか、そのメリットやデメリットと思われる部分も考えてみました。
コンサルティング業界の求人の特性を踏まえて、なぜ転職エージェントの利用が適しているのか、転職エージェントやキャリアアドバイザーの選び方、更には私がこれまでの転職活動の経験や採用側で面接官として中途社の採用活動に関わった経験から私がお勧めする転職エージェントも纏めてみました。

 

お勧めの転職エージェント | 未経験者でも総合系・IT系コンサルティングファームへ転職 コンサルティングファームへ転職を目指す方、または転職先の候補の1つとしてコンサルティングファームを検討されている方は、転職エージェントに登録して転職活動を進めることをお勧めします。 特にコンサルティン … お勧めです!!

 

 

  転職エージェントを使いこなす 8個のメリット | 未経験者でも総合系・IT系コンサルティングファームへ転職 転職エージェントを利用することで、転職者は多くのメリットを享受することができます。実際、私は数回転職を行っていますが、何れの時も転職エージェントに登録して転職活動を進めています。私にとっては転職時に転 …  

 

 

転職エージェント・キャリアアドバイザーの選び方 | 未経験者でも総合系・IT系コンサルティングファームへ転職 転職エージェントは、転職活動を進める上で大きな力になってきます。特に初めての転職の方やコンサルティング業界の未経験者にとっては力強い存在になってくれるはずです。 ただしあくまでの自分に合った転職エージ …      

 

 

転職エージェントの利用は転職で不利になることがあるのか | 未経験者でも総合系・IT系コンサルティングファームへ転職 転職希望者と会話をしていると、「転職エージェントを活用したいけれど、評価が不利(デメリット)になりそう」という話を聞いたことがあるので、経験をもとに私なりの考えを。 …

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク